キャリアアップ

スタッフの数だけ選択肢がある!

ワイズケアでは「より良い生活・より良い人生(ベターライフ)のための職業(キャリア)」をモットーにいくつもの将来像(キャリアゴール)があります。

「独立するため、院長として実績を積みたい」、「自分の学びたいこと取込みたいことを実践したい」
などスタッフそれぞれの夢を応援する制度を設けています。

一人での独立開業よりグループの大勢の仲間と共に活動することにやりがいを感じ、
自身で直に交流がもてる関東エリアをまとめております。

Step1学生アルバイト

柔整学校に通学しながら整骨院現場で勤務、基本的な流れや、先輩から治療の勉強をさせてもらいました。

Step2トレーナー/接骨院スタッフ

治療重視で、治療家の基礎作りや院外活動でトレーナーや大会救護班などでも活動。

Step3接骨院院長

治療だけでなく院の責任者として、運営、人材育成など経営の勉強。

Step4エリア長/ブロック長

同地域(ブロック)の複数の統括責任者の後、範囲を広げ東京、埼玉のエリア長(統括マネージャ)に就任。

当社直営の整骨院で院長として活躍、その後その院を自身がオーナーとなり経営。
また、新規開院する院を初めからオーナーとしてやり、資金調達も会社でバックアップ!

Step1学生アルバイト

柔整学校在学中は当社の整体院でバイトをしながら勤勉に励む。

Step2接骨院スタッフ

治療重視で治療家の基礎作りや院外活動でトレーナーや大会救護班など活動。

Step3接骨院院長

治療だけでなく院の責任者として、運営、人材育成など経営の勉強。

Step4院を継承しオーナーとして独立

院長として実績と経験を積んだ後に院の経営を会社から譲渡、VC(ボランタリーチェーン)として経営者となる。

当社が展開するPC(パートナーチェーン)の展開の運営プロデュースと運営のサポート。
グループの仲間、同志を沢山作り、仲間の成功のために活躍。

Step1学生社員

鍼灸資格取得後、当社の社員として柔整学校に通学。

Step2接骨院院長

柔整取得後、整骨院の院長として活躍。

Step3新規開拓/エリア長

新たな地域(沖縄)で、2年間転勤し、開業、雇用促進、育成、地域貢献、引継ぎなどの業務など統括し、新天地にグループ院を確立させる。

Step4SV・会社役員

帰京後、取締役に就任し、今までの経験、実績を生かし、PC店の出店、運営のSVとして活躍。

当社独自の制度である社員のままオーナーとは、施術は好きだけど経営とかは苦手という方に、お勧めです。経営から運営まで全て会社に委託してもらい自分の社員としての給与+院のインセンティブを支給していくシステムです。

Step1学生アルバイト

鍼灸学校在学中は当社の整体院でアルバイトをしながら勤勉に励む。

Step2鍼灸整骨院スタッフ

資格取得後に、鍼灸整骨院で鍼灸、自費メニュー施術で当社売上上位者として活躍。

Step3鍼灸整骨院院長

管理柔整師の教育、スタッフへの技術教育などしながら、新人教育にも努める。

Step4エリア長/ブロック長

スポーツジム内リラクゼーションルームで勤務しながら、スポーツジム内鍼灸院2店舗オーナーに就任。

院の運営やリーダーになるより、治療が好き、患者さまと接することだけ没頭したい!
そんなスタッフには、導入したい治療法や学びたいことを会社で支援。

Step1リラクゼーションスタッフ

民間トレーナー学校卒業後、リラクゼーションサロンで勤務。

Step2鍼灸学校通学

施術の幅を広げたく、より学びたいとして鍼灸学校に通学しながら勤務。

Step3接骨院スタッフ(鍼灸担当)

接骨院で鍼灸を担当しながら柔整業務もサポート。その間、新人教育係として基礎となる手技の教育や多方面のセミナーや研修に参加し新たな施術の開拓に努める。

Step4鍼灸院スタッフ

自身が最大限活躍できる鍼灸院勤務となり、技術インストラクター兼務で現場力の追及。

2児の母として、家庭と仕事を両立、将来現場復帰のためにも今の環境で出来ることを…
会社としても、実務時間よりも在籍していてくれる存在感がすごく大切に思っております。

Step1チームトレーナー兼接骨院スタッフ

トレーナーの実績のノウハウを活かし、パーソナルトレーニング&ボディケア専門店eco.Body開設。一人一人に合ったメニューを提供。

Step2パーソナルトレーニング施設開設

治療重視で、治療家の基礎作りや院外活動でトレーナーや大会救護班などでも活動。

Step3育児休暇

結婚→出産→産休→育休とご懐妊中からは現場から離れ本社で事務職や現場の受付業務など会社に貢献。

Step4職場復帰

育休は小さなお子様や家庭重視の臨機応変な出勤体制で会社のサポート、女性がいつまでも働ける環境をつくることを重要課題にしています。